フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ゆるボウル?

ボウリングをしました。
ボウリングは、高校生のときに2回くらいした、かな。
当時はなんとなく、友だちについていって、よくわからないからスコアもつけてもらって、
指とか、手首とか、肘とか、肩とか、首とか痛くなって、
楽しくなかったです。

今回、夫に誘われたときに、過去の記憶が頭をよぎりましたが、すぐに、
「なーんか、楽しそう」と思って、お誘いをお受けしました。
調べてみると、家の近くにあるんですね。ボウリング場が。
お昼のあとに、いざ出陣。行ってみたら、今日は何かの大会で、3時まで貸し切りとのこと。

そこでいったん家に帰って「寝ゆる」をして、3時すぎに戻ってきました。
すると、もうすでに何組か待ちの状態。
「4時スタートですか、いいですよ~」と、待ちながら、手をさすっていました。

あっという間の2ゲームでした。とても楽しかったです。
楽しみ方を知らなかった高校生のころのわたし、まだ若かったんですね。
ガーターで華々しく幕を開けましたが、初めてにしてはなかなかの成績(と思う)。
よいトレーニングにもなるし、これから毎月ふたりでボウリング大会、盛りあがりそうです。

そう、ゆる体操中級の「玉ゆる」とは、あまり関係ないと思います。
ちゃっぷん♪

うれしいことはすぐに書く

たびたびご登場いただいています、初級正指導員の小出くん。
東京ゆる倶楽部、ゆる体操中級教室の生徒さんです。

先日、こんな感想を話してくれました。
「この中級の教室は、とても雰囲気がよいので、自分が指導をするときも、同じような感じにと心がけている」

わたしも、そして一緒に中級を担当している遠藤先生も、うれし涙。crying
こんな風に思っていただけて、わたしたちは、シアワセでございます。

中級では、ゆる体操の内容をさらに深めてお勉強してまいります。
新しく学ぶことも増えてきます。
教室の雰囲気が、さらに明るく、楽しくなるのは、そのおかげではないか、とわたしは思います。
それから、雰囲気は、先生だけで作れるものではありません。ご一緒してくださるみなさんの存在あってこそ。

とすると、アドバイスするとしたら、これしかありませんね。
それは、ゆるむこと。ちゃっぷん♪

2010年1月29日 (金)

ゆる体操的朝のはじまり方 その2

すでにご存知の方も多いと思いますが、そんな方は、もう一度、確認しましょう。
ゆる体操の生みの親、高岡先生のラジオ出演は、来週の火曜日です。

2010年2月2日(火)朝の4時台(40分くらい)
NHKラジオ第一放送(AM)
『ラジオ深夜便』の「こころの時代」というコーナー。
テーマは、「からだの知恵を呼び覚ます」
高岡先生が、インタビュアーの質問に答えてお話されるそうです。

お教室でお知らせしたところ、
「はやい~」という声が。
そう、多くの方は、まだ夢の中……。

まだ起きてる、という人はいませんでした。もう起きてる、という人が若干。

さて、夜はあっという間に寝てしまうので、なかなか夜の寝ゆるができないワタクシですが、朝、早めに目が覚めるようにしておいて、起床時間まで、寝ゆるをしています。
そうそう、ラジオは、「ながらゆる(*)」にピッタリですね。
火曜日は、タイマーでラジオをつけて、お布団の中でモゾモゾしながら、聞くことします。

*「ながらゆる」とは、何かをしながらゆる体操をするという意味の、専門用語です。ちゃっぷん♪

2010年1月28日 (木)

ゴマすり夫婦

先週、夫とおそば屋さんに入ったときのこと。
ふたりとも、ごまだれのせいろを頼みました。

すると、おそばと、そば猪口と、そば徳利のほかに、小さなすり鉢に入ったゴマが、出てきました。

「おっ!」っと思いました。
「このゴマを自分ですって、タレにするんやね、よっしゃ!」
気合いが入りました。思いっきりゆるんで、このゴマをゆるゆるトロトロのクリームになるように、スルぞー。

ちょっとしてから、
「んー、さすがにゴマだけだと、大変だから、ちょっとだけ、つゆを足して、するかな。
ははは、まだまだ修行が足りんのう」
注いでみると、おそばの徳利からは、ちゃんとゴマだれが出てきました。

一生懸命ゴマをすって体を動かしたので、とてもおいしかったです。
職業柄か、つい、こういうことに夢中になってしまいます。

それはそうと、わが家はふたりとも、ゴマが好きです。
毎日使っているので、わが家のゴマすり器もそろそろ、すり減ってきました。
「今度は、小さなすり鉢を買って、毎日スリスリしようか」
なんて話をしています。ちゃっぷん♪

2010年1月27日 (水)

「ぼんたつ」最終回

毎度、勝手に略して呼んで申しわけございません。
青山アスリートクラブ主催、『人アスリートのためのアンチエイジング人講座』、好評により3回目の開催が決まりました。しかも今回が最終回です。

詳細はこちら。
http://www.aoyama-ac.jp/seminar/20100220_001.html

この講座の第2部「凡人が天才の身体を手に入れるための非常識なワークショップ」を、今回なんと、わたくしが担当させていただくことになりました。

この非常識なワークショップ、きっといつかは常識、世界標準です。
そうそう、第3部の「藤原裕司の一問一答」これは今回、初企画ではないかしら。どうぞお見逃しなく。

会員向けプログラムのゆる体操、2月のスケジュールも出ています。
青山アスリートクラブ

ちゃっぷん♪

2010年1月26日 (火)

今日は、ゆる体操正指導員の試験でした。

スケジュールはだいたい、午前中が養成講座で、午後が試験となっております。
養成講座は初級、中級とで会場がわかれており、お昼をはさんで試験。
最初の筆記試験だけ、全受験者が同じ場所に集まって行われるのですが……

中級の会場(東京ゆる倶楽部)から、ダーッdashと数メートル離れた初級の会場(運動総研本社教室)へ駆け込んで、
寝ゆるで足の踏み場もないようなところを、もしかしたら時々何かにぶつかりながら自分の席までたどり着いて、
久しぶりに会った人たちとの挨拶もそこそこに、問題数の多い中級受験者である身で(モンダイも多いけど!)ギリギリまで机にしがみつき、また突風のように寝ゆるの間を吹きぬけて、中級の会場に戻っていきました。

何が言いたいか、よくわからないんですけど、つまり、試験は毎回とても充実していて楽しい、ということです。
今は、頭いっぱいなので、また落ちついたら、ゆる体操正指導員の試験についても話してみようと思います。
あ、また誰かがおしゃべりしてくれるかもしれませんね。

今朝は電車から富士山モンブランが、デーンfujiと見えました。
え? 「そんなときやはりVゾーン体操はするのか」ですって?
電車の中ですから、それは……

ちゃっぷん♪

2010年1月24日 (日)

ゆる体操的朝のはじまり方

今朝は朝焼けがきれいでしたので、
寒いのに、窓をあけたまま、朝日にむかってこっそり、

「Vゾーン体操」
をしました。
もちろんこの体操の最後は拍手で決まりです。

そして今日は一日元気よく、くたくたになるほど体を動かしました。
おかげで夕ご飯のトンカツのおいしかったこと。
「Vゾーン体操」は一日の始まりにもよいですね。

それではみなさま、またあした、ごきげんよう。

ちゃっぷん♪

2010年1月23日 (土)

ゆり、ゆれて?

今日は、東京ゆる倶楽部で、ゆる体操中級の指導でした。
こちらのお教室は、今年でおかげさまで3年目。
わたしと、もうひとり中級の先生と、二人三脚で担当しています。
ふたりの息もだいぶ合ってきまして、ふたりのやりとりが、この教室の名物だったりして。

東京ゆる倶楽部については、小出くんが熱く語ってくれています。
http://d.hatena.ne.jp/yuru-mamechan/20100122
セレブな気分、ですか(わたくし、雰囲気をこわさないようにしなくては)。

東京ゆる倶楽部には、いつも素敵なお花が活けられています。ニド先生のやさしいお心遣いが偲ばれます。
今日、素敵にゆれていたのが、「サンダーソニア」というかわいいお花。
みんなが寝ころがって、「すねプラプラ体操」をしているときに、ふと、目についたんです。
ゆれ方がうまい! と思ったら、ユリ科なんですって(やっぱり!)。
生徒さんに3回以上名前を聞いてもその場で覚えられなかったので、少しお勉強しました。

この花を発見したのがサンダーソンさんだそうな、でサンダーソニア。ちゃっぷん♪

2010年1月22日 (金)

お池のほとりにささぐ

秋になると、桜の葉がヒラヒラと舞い落ちて
降りつもった落ち葉は、カサコソと人に踏まれて
だんだんと小さくなってゆき
きめの細かい、ふかふかの絨毯に生まれかわり
雨が降ると、美しい真紅色に染まる

水が氷る季節になると、この落ち葉のかけらは
まるでお砂糖をまぶしたリーフパイ
それは早起きした人だけの、朝のご褒美
かけらだけど、それが、踏むと適度な足ごたえ
(誰ですか? カケラだからお徳用ね、なんて言っているのは)
ふと見あげると、桜はもう、小さいつぼみをつけている

ほんの少し駆け足で見ただけでも、お池のほとりでは、いろいろなことが起きています
すばらしい出来事が
実は、ここだけでなく、あなたのまわりや、そして世界中のいたるところでも

そしてもちろん、わたしたちのからだの中でも

時々刻々と、さまざまな変化が繰り広げられ、ときにはその素晴らしさに圧倒される
どんな小さな変化も見逃さず、感じられるように、さあ、全身をゆるめて

ちゃっぷん♪

2010年1月21日 (木)

可能性がいっぱい!

昨日は、先週の13日に続いて青山アスリートクラブさんの、会員向け基礎プログラム、ゆる体操教室の2回目。
大寒というのにあたたかな一日でした。

まだ2回目ということもあり、“今回が教室初参加です”という方も多かったので、復習の意味合いもかねて、
ふたたび、わたくしの所信表明を述べさせていただきました。
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-6891.html

はい、自分が復習するためでございます。

すでに会員になられ、2回目のご参加という方、ほんとうにありがとうございます。
ご自身でも取り組まれていたようで。ぜひ、ゆる体操をトレーニングに、人生に、お役立てください。

もちろん、初参加の方も、たくさん来てくださって、うれしいです。ぜひ、参戦お待ちしております。

さて、前回、今回を通じて感じたこと。

「うわぁっ、可能性がいっぱい!」shine

寝ころがってゆる体操をしているみなさんの、どんどん発展されてゆく姿が目に浮かぶようでした。
わたしとしては、宝物を掘り当てたような気分です。
言いかえれば、ゆるむ余地がたくさん、ということでもあります。

参加者のなかでこのブログを見てくださっている人がどれだけいるかわからないのですが、
実際にゆる体操をしてみて、可能性がいっぱいと言われても、
「確かに気持ちよかったけど、いやぁ、そんなもんですか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
今は、たぶん、そうなんだと思います。

一緒に取り組んでみませんか。可能性を可能性で終わらせないために。ちゃっぷん♪

2010年1月20日 (水)

お知らせです

ピアノを教える人、学ぶ人の雑誌『ムジカノーヴァ』音楽之友社 2010年2月号の
「入試直前の過ごし方」という特集ページで、ゆる体操が写真つきで紹介されているそうです。

『ムジカノーヴァ』
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/musicanova/

ちゃっぷん♪

太鼓“盤”

太鼓“盤”

昨日、正指導員仲間の河乃裕季先生に会って、
先行予約していたDVDを、いただきました。
入荷後直後、即受け渡しの、即現金支払い(笑)

「さっそく見るよ」と言ったら、
「お手柔らかにね」と言われてしまいました。
言われたとおり、手を気持ちよくスリスリしながら、拝見しました、はい。

河乃先生は太鼓の先生、太鼓奏者でもあります。
ふだん、ご一緒の時は、ゆる体操ばかりしているので、実は太鼓をたたく河乃先生を見るのは初めて。
バチを持った河乃先生が、とても新鮮でした。

いつも元気で明るい(ゆる体操するとみんなそうなりますが、この人は特に!)河乃先生です。
ゆる体操の指導はもちろん、太鼓でも、ゆるんだ指導が受けられることでしょう。

河乃先生は、いつ寝てるのかしら。
ちゃっぷん♪

河乃裕季と和太鼓飛翔のHP
http://hishow.jp/

2010年1月19日 (火)

それも人生

今日は自分の稽古でした。
こってり、でもやさしく、しぼられました。
わたしの場合、乾いた雑巾どころか、しぼる余地がまだまだたっぷりあります。

さて、明日は青山アスリートクラブさんでの、ゆる体操教室、第2回目です。 こちらも参考にしていただきましょう。ビジョンオフィス株式会社代表、上原さんのブログです。

http://ameblo.jp/ueharakazunori/entry-10437014926.html

明日も、多くの方にお会いできますことを楽しみにしています。

先週の第1回目に参加された方は、その後、ご自身でもゆる体操をなさっているでしょうか。
一日5分でも毎日続けられた方は、変化を感じられていると思います。
とくに、日ごろトレーニングをされているアスリートの方なら、イヤでもわかると思うのです。
もし、あれから続けていらっしゃらなければ、これまでの日常と同じです。

それもまた人生。ちゃっぷん♪

2010年1月18日 (月)

はじめての、月曜日

今日は今年初めての、ふつうの月曜日でした。
ですから、月曜日のお教室は、今日が初日です。

みなさん、元気でお越しくださいました。
新年の挨拶も何やら恥ずかしく、お休みはどう過ごしたか、なんてもう、遠い昔のことで思い出せなかったりして……。
でも、身体は正直でした。みなさん、4週間ぶりの「寝ゆる」とは思えません。
「お正月だからって寝てられないんですのよ、先生」なんて言っていた人も、なかなかのもの。

「みんな、おうちでもなさってたでしょ」
「ふふっ、まあ、しているような、していないような、ねぇ……」

この、力の抜け加減が、すばらしい。

見習います。今期もよろしくお願いします。ちゃっぷん♪

2010年1月17日 (日)

やっぱり

昨日、ゆる体操中級の教室で、正指導員でもある生徒の小出くんが、指導担当の先生にほめられていました。
「あら、小出くん、さすり方がうまくなったわね~」

「たぶん、これも大きな要因じゃないかしら」
教室のあと、担当の先生とおそばを食べながらおしゃべりしました。
『小出健太郎の yuru blog』
http://d.hatena.ne.jp/yuru-mamechan/20100114

小出くんは、昨年、この中級教室に通いはじめて、正指導員の資格も取り、いよいよ人に伝える側に立ちました(ああ、座ってゆる体操してるんだっけ)。おめでとうございます。

剣道青年らしい素敵なお名前です。防具の中で、防具にさすられているらしいです。

東京ゆる倶楽部ゆる体操中級教室、次回はわたくしが担当いたします。

ちゃっぷん♪

2010年1月16日 (土)

本日のトレーニングメニュー

東京ゆる倶楽部にて、ゆる体操の中級。担当の先生の初指導が楽しみです。
そのあと、東京都美術館へ場所を移し、夫と美術鑑賞。テーマは、美術鑑賞時における立ち方および重心移動、じゃなくて、「ボルゲーゼ美術館展」。

東京都美術館は4月から、大規模改修工事に入るため、約2年間、全面休館するようです。改装後の美術館は、そしてその頃の自分はいかに。

「軸の本」は、昨日入手しましたが、しばらくおあずけ。

では、しっかりトレーニングしてきます。

ちゃっぷん♪

2010年1月15日 (金)

関東勢 ゆる体操正指導員

樫村先生のブログ。
http://yurutaisou.blog.shinobi.jp/

これまで、関東の正指導員でブログを書いている、といえるのは、ほぼこの方だけでした。
この方もご紹介しておかなくては。というより、このブログをご覧になっている人は、すでにご存知かもしれませんね。
樫村先生は、おもしろい人だということが、最近少しずつわかってきました。また何か新しい発見があったら、ご報告しようと思います。ちゃっぷん♪

2010年1月14日 (木)

「体の軸・心の軸・生き方の軸」発売日について

先日お知らせした高岡先生の新著、「体の軸・心の軸・生き方の軸」は、16日発売とのことです。
楽しみな週末。ちゃっぷん♪

ニュースかも。

みなさん、こんにちは。お池のカモでーす。
ゆる体操愛好者資格試験の受験登録者が、1000人を越えてました~。
ボクもうれしいカモ!
あ、奥さんたちがまた池のほとりに来てる。奥さま~、奥さま~、ニュースですよぉ!

<お池のほとり、三人のご婦人方がランチのあとの買い物帰り>

「グワァッグワァッグワァッ」

すかり夫人:あら、カモがついてきますわ。
うかり夫人:あら、わたくしたちうっかりダウンコートなんて着てますわ。親とまちがえられているの、かも?
すかり夫人:あんなに羽根を広げて、お尻を振って、一生懸命走ってるように見えますけど、あれ、なに体操かしら、ちゃかり様?

ちゃかり夫人:あら、すかり様ったらもうすっかりご熱心だこと。何でもゆる体操に見えてしまうのね。そういうことなら、オオサワ先生にうかがってみましょう。

ねえねえ、奥さま方ったらぁ~

ちゃっぷん♪

<ゆる体操愛好者資格 試験会場はこちら>
http://yuru.net/exam/aikousha/exam_a.html

2010年1月13日 (水)

昨日、東京はこの冬の初雪だったそうです。
わたしが外にいたとき、ちょっとみぞれっぽかったです。
八王子からは「ぼたん雪よ~」という便りもいただきました。

そのような中、青山アスリートクラブさんの、会員向け基礎プログラム、ゆる体操教室の初日にお集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。そして、初日参加、おめでとうございます。

多くの皆さんが、トライアスリートであったり、もしくは何か専門種目をお持ちの方で、自分のパフォーマンスを向上させたい、というモチベーションの高い方々でした。

そういった方であっても(そういった方だから)、忙しい中、わざわざ時間を作って、一日の疲れのたまる時間帯に、しかも寒くてお天気も悪い日に、何かをしに来る、というのは、実はとても大変なことです。ほんとうに、ありがとうございます。

そして開口一番にわたくし

「勝手に年間計画を立てきました。わたしの今年1年の目標は、皆さんに仮にその気がなくても、皆さんのパフォーマンスに向上していただこう、そして皆さんにもそれを実感していただこうと思います」

と、つい、宣言してしまいました。

そのあと、思わず「あ~、言っちゃいましたね~」と申しましたが、言ってしまえば、もうあとは、ゆるむだけです。皆さんの気持ちに応えられるように……

具体的な方針は、教室で申しあげた通りです。皆さん、どうぞ気楽にご参加ください。よろしくお願いします。

僕も、わたしも! という方、今からでもご参加お待ちしております。ちゃっぷん♪

2010年1月12日 (火)

高岡先生の新著です

「体の軸・心の軸・生き方の軸」(発売元:ベースボールマガジン社)
首を長く~して、ジックリ、ジックリ、待っていました。18日いよいよ発売。

ちゃっぷん♪

2010年1月11日 (月)

ぼんたつ

第2回目も大好評のようでした。
青山アスリートクラブ主催『凡人アスリートのためのアンチエイジング達人講座 』
勝手に略してごめんなさい。

ビジョンオフィス株式会社 代表の上原さんのブログにその様子が。
http://ameblo.jp/ueharakazunori/entry-10431719599.html

明日は、こちらでのゆる体操教室の初日です。
http://www.aoyama-ac.jp/
ちゃっぷん♪

2010年1月10日 (日)

石川のみなさーん

ありがとうございます。いつの日かお会いできますことを。
http://86777562.at.webry.info/201001/article_13.html

福海先生のブログを見てちゃっぷん♪してくださったのは、長野からお越しの方でした。

あらためて、インターネットのありがたさを感じます。
パソコンや、インターネットのない時代を知っていて、よかった。ちゃっぷん♪

動作はどうさ!

ゆる体操の生みの親、高岡先生のメッセージを読んで、思い出しました。
『2010年「ゆるゆる英夫ちゃん」年頭メッセージ』
http://www.undoukagakusouken.co.jp/100116saturday.html

年末に「動作とゆる体操」というテーマの講座を受けまして。
年もかなりおしせまっていましたので、大掃除を済ませた人もいたかと思います(わたしは未だにまだ)。
それでも、もういちど掃除しよっかなーと思ってしまうのではないかというくらい、感動の内容でした。

タオルを絞ってみたんです。たまたま手元にある、自前のタオルとかハンカチタオル。
まあ、だいたいは乾いるわけです。

実際に乾いたタオルを絞るとき、コツがあります。それはゆるむこと。
本当に絞れます。水滴は出ませんが、絞られた布は見事なほど素敵に絞られるのでした。
手を離したあとも、繊維がお行儀よく、クシュクシュッと絞られたときのまんま。

タオルを絞ることひとつにも、ドラマがありました。
小さい子どもに、話し聞かせてあげたくなるような。
そうしながら絞ったら、楽しいと思います。

「乾いた雑巾を絞る」という表現がありますよね。
だから、「カイゼン」も、徹底的に身体をゆるめるところから、その物語は始まるのではないかしら。

それから、メッセージにある「精密肘抜き&膝抜き法」という講座でタオルを絞るかどうかは、 あいにく存じ上げません。お問い合わせ等はお控えくださいね。ちゃっぷん♪。

2010年1月 9日 (土)

今日もいい一日でした。

今日は一日、「達人調整」という講座でハードなトレーニングでした。
もう何年もかけて取り組んでいますけど、ゆる体操のおかげで、やっと、やっと、
そのよさが、わかりかけてきたように思います。
途中、何度もめげました。
あきらめずに続けられたのも、ゆる体操のおかげ。
これからも、ぼちぼち続けてゆきたいと思っています。
講師のみなさま、講座にご参加のみなさま、ありがとうございました。

そして、講座で「ちゃっぷん♪見てます」と声をかけてくださった方がいました。
初対面でしたので、びっくり。とても嬉しかったです。
福海先生のブログを愛読されていて、こちらも見に来てくれたそうです。
ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします~。

では、おやすみなさい。

ちゃっぷん♪

2010年1月 8日 (金)

ゆる体操教室談義

<ある日の夕暮れ、お池のほとりのベンチで、井戸端会議をする三人>

ちゃかり夫人:久しぶりでしたわね。

うかり夫人:うっかり、ゆるみましたわね、おほほ。やはりお教室はちがいますこと。

すかり夫人:よそのお教室はどのような体操で幕開けしたのでしょう、みな同じですか?

うかり夫人:そんなことありませんよ。
もちろんゆる体操の先生方は、厳しいトレーニングを積まれた方ばかり。
体操の技術においては一定以上の水準が要求されますけれど。

ちゃかり夫人:『ゆる体操の先生は、ゆる体操という名曲を歌う名歌手であれ』 と、体操を考えた、大先生がおっしゃったとか。

うかり夫人:ほぉぉ~。

すかり夫人:ということは、楽譜はみな同じ。それをどう構成して、どう披露するかはそれぞれの先生次第、ですのね。。

うかり夫人:あら、うっかりうまいこと言われてしまいましたわ、すかり様に。

ちゃかり夫人:それにしても、お教室ってまさにライブそのものって感じしませんこと?

うかり夫人:そうですわね新春早々、うちのセンセイったらはりきってらしたけど。

すかり夫人:けど?

ちゃかり夫人:また来年のゆる初めを楽しみにしてらっしゃいな。

すかり夫人:今日だって、楽しゅうございましたわ。

うかり夫人:毎回、楽しみですわね。

三人:そうよそうよ、おほほほほ、おほほほほほ……

――美しい笑い声が池に響き渡るのでした。

ちゃっぷん♪

2010年1月 7日 (木)

それぞれのゆる初め

そろそろ、新年最初のゆる体操教室が、あちらこちらで始まっていることと思います。
みなさんの、2010年のゆる初めはいかがですか。どんな体操でスタートを切ったでしょう。
よろしかったら、お聞かせください。
ご報告のメールお待ちしています。指導員のみなさまも、生徒のみなさまも。
タイトルは『わたしのゆる初め2010年』というのはいかがでしょう。
わたくしの担当する渋谷のお教室は、明日が初日です。初めに何をするか、心に決めています。

今年も新たに、身も心も、ときほぐれましょう。
思いたったがゆるめどき。
ゆる体操は、いつからでも始められます。
カルチャーなど、3ヶ月単位のところもありますが、その途中からでも、
1ヶ月の途中からでも、
電車が遅れて間に合わなくて……たとえ残り時間が5分でも。
さあみなさん、ご一緒に、ちゃっぷん♪

2010年1月 6日 (水)

ゆる体操正指導員への道

初めの一歩

1月26日に東京で試験があります。

4月には、大阪でも試験があります。

~ゆる体操開発元 運動総研のHPより~

ゆる体操正指導員資格試験の詳細は試験要項にてご確認ください。
要項請求方法:90円切手を貼付しご自身の住所氏名を記した長3サイズ封筒を同封の上ご請求してください。
郵送:〒113-0033 文京区本郷3-24-6 AXIS本郷3F NPO法人日本ゆる協会「試験要項請求」
お問い合わせは日本ゆる協会まで TEL:03-3817-7725/FAX:03-3817-8557
ホームページ http://www.yuru.net/
(要項の請求期間は試験開催日の1ヶ月前からとなります。期間外にご請求いただいた場合は、次回の試験の要項ができ次第お送りいたします)

受験申込みの締め切り(試験要項申請の、ではなく)はたぶん、1月16日くらいです。
お申し込み予定の方、お忘れありませんか。
どうしようかな、と思っている方、受けてみませんか。

初めてのかたは、こちらもどうぞご覧ください。
『先輩ゆる体操正指導員に聞く!』(日本ゆる協会HP)
http://yuru.net/senpai.html

また、お池のほとりから、おしゃべりが聞こえてくるのでしょうか。ちゃっぷん♪

2010年1月 5日 (火)

踊る人も、見る人も

記録を見たら、『パリ・オペラ座のすべて』を観たのは11月の末でした。
なかなか行けなくて、映画の方が好評で上映を延長されたので、観ることができたのでした。

本番という舞台もよいけれど、レッスンや稽古といった、過程も好きです。
だから、バレエもののドキュメンタリー映画は、まず観ます。

『オペラ座』は上映時間が長くて、しかも、いつ終わるのか予測がつかず、
つい、もうなにかしらゆる体操していました。終わってみたら2時間40分。

映画館は、「背もたれ首モゾモゾ体操」をするためにある、そう思いました。
もちろん、映画が退屈だったというのではありません。

言ってしまおう。
映画は「背もたれ首モゾモゾ体操」しながら観ると、なお、よい、かも。

観る方も、やはり良いコンディションで、堪能したい。鑑賞する側のパフォーマンスとして。
「いやぁ、よかったけど、疲れたね、首、凝ったねー」ではなくて。受け身ではなくて。

そうそう、『ベジャール』は、あらかじめ上映時間を調べて行きました。1時間20分でした。
ちゃっぷん♪

2010年1月 4日 (月)

お正月のおでかけ

映画を観てまいりました。
『ベジャール、そしてバレエはつづく』

昨年、といっても先月は、
『パリ・オペラ座のすべて』という、バレエのドキュメンタリー映画を観ました。
続けて観たので、けっこうおもしろかったです。映画の感想とか、映画を観ていたときの話は、またいつか。

そのあと、サントリー美術館へ。
『清方ノスタルジア 名品でたどる鏑木清方の世界』
和服での来館には300円割引、という「和服割」がありました。

印象的だったのは「栗をむく娘」という絵のタイトル
わたしは、栗が大好きなので、毎年秋にはせっせと栗をむいていました。
冗談ですが、栗むき娘になりたいと思ったことも。そんな職業があればだけど。
そこへ、このタイトル。
まあでもおそらく、絵のなかの栗は、むいてそのまま食べられるような栗なんだと思います。

もうひとつは、「朝涼」。
清方の娘が、朝散歩しているときの姿だそうです。
足元を何げなく見たのですが、踵が使えていて、つま先がわずかに浮いているように見えます。
実際はどうなのかはわかりません。わたしがそういう風に見てしまう、そういう風に見たくて、見てしまっているだけかもしれません。
ちゃっぷん♪

2010年1月 3日 (日)

作文タイトル:ゆる体操に関するわたしの悩み

《冬休みの宿題のつもりで、書いてみました。楽しく読んでください》

お教室があると、それが指導しながらの「ゆる」になるので、
年末年始のように休みが続くと、
「さてどうしよう」という状態に、わたしはなります。
さすがに、ひとりでは、まとまった時間、よどみなくゆる体操をするというのは難しい。
こんなとき、リードしてくれる先生がほしい、と思います。
DVDだと、自分で操作しなくちゃいけないし、
DVDの中の先生は、わたしがサボっても注意もせずどんどん体操すすめちゃうし、
「反対側も同じように行います」とか言って省略しちゃうし。

もうひとつの悩み。
お布団に入ったら寝つくまでのあいだ、「寝ゆる」をしましょう、って言われます。
わたしも生徒さんにそう言ったりします。おそらく、他の先生も、そのようにアドバイスをされることがあるでしょう。
でも、その時間がないことがしばしば。
「寝つくまでのあいだ」がだんだん少なくなっている。
これは、寝不足じゃなくて「寝ゆる不足」です。

だから、ほんの少しの寝ゆるの瞬間も大事にしたいと思います。

――朝目が覚めたときにしてもいいんじゃないですか?
そうですね。いちおう、布団から出なくてはいけない時間より、早めに目を覚ます努力はしています。

ああ、早く教室、始まらないかな。みんなに会いたいな。
ゆる体操は、みんなですると、さらに効果が増す、ということがよくわかりました。
ちゃっぷん♪

2010年1月 2日 (土)

新しい仕事が始まります。

青山アスリートクラブ
http://www.aoyama-ac.jp/
こちらで、会員向けプログラムとして、ゆる体操を担当することになりました。

わたしにとっても、新たなチャレンジです。
これまでゆる体操で培ってきたこと、ゆるトレーナーとして学んだことをフルに活かして、取り組んでいきたいと思います。

先日行われた、青山アスリートクラブ主催
『凡人アスリートのためのアンチエイジング達人講座』
こちらも大好評により、9日に第2弾が予定されています。

ゆる(スポーツ)トレーニングについては、こちらを参考にしてくださいね。ちゃっぷん♪

2010年1月 1日 (金)

はじめまして、お池のカモです。

お正月のお池  元旦の朝のお池のほとりは、いつもより走っている人が多いカモ。
あれ、走るのって師走じゃなかったっけ。

今日は寒いから、弁財天に初詣にくる人も、ちょっと肩をすくめがち。
肩、こらないようにね。ヒトなら、ゆる体操するといいのカモ。
渡り鳥稼業をしているボクらにとって、肩こりは命トリ。
人間は、多少肩がこっても大丈夫なんだなぁ。それはすごいことカモ。

今日もあの人がお池のほとりを歩いてる。
あっ! 羽毛をまとっている!!

ちゃっぷん♪

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »