フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 新しい仕事が始まります。 | トップページ | お正月のおでかけ »

2010年1月 3日 (日)

作文タイトル:ゆる体操に関するわたしの悩み

《冬休みの宿題のつもりで、書いてみました。楽しく読んでください》

お教室があると、それが指導しながらの「ゆる」になるので、
年末年始のように休みが続くと、
「さてどうしよう」という状態に、わたしはなります。
さすがに、ひとりでは、まとまった時間、よどみなくゆる体操をするというのは難しい。
こんなとき、リードしてくれる先生がほしい、と思います。
DVDだと、自分で操作しなくちゃいけないし、
DVDの中の先生は、わたしがサボっても注意もせずどんどん体操すすめちゃうし、
「反対側も同じように行います」とか言って省略しちゃうし。

もうひとつの悩み。
お布団に入ったら寝つくまでのあいだ、「寝ゆる」をしましょう、って言われます。
わたしも生徒さんにそう言ったりします。おそらく、他の先生も、そのようにアドバイスをされることがあるでしょう。
でも、その時間がないことがしばしば。
「寝つくまでのあいだ」がだんだん少なくなっている。
これは、寝不足じゃなくて「寝ゆる不足」です。

だから、ほんの少しの寝ゆるの瞬間も大事にしたいと思います。

――朝目が覚めたときにしてもいいんじゃないですか?
そうですね。いちおう、布団から出なくてはいけない時間より、早めに目を覚ます努力はしています。

ああ、早く教室、始まらないかな。みんなに会いたいな。
ゆる体操は、みんなですると、さらに効果が増す、ということがよくわかりました。
ちゃっぷん♪

« 新しい仕事が始まります。 | トップページ | お正月のおでかけ »

ゆる体操」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/47192216

この記事へのトラックバック一覧です: 作文タイトル:ゆる体操に関するわたしの悩み:

« 新しい仕事が始まります。 | トップページ | お正月のおでかけ »