フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

J・J

今日は「ゆるウォーカー養成講座」に参加しました。
全力を使い切ったはずでしたので、ブログは今日もお休みにしようかなと思っていたのですが、
福海先生の発言を、つい見てしまい、思わず書かずにはおれず、書くことにしました(まだまだ余力がありました)。
http://86777562.at.webry.info/201002/article_46.html

まあ、ジェイムズ・ジョイス!
まさか、そんな風に言っていただけるなんて。
かつて、ジェイムズ・ジョイスにかぶれかかったありましたが。
まさか、こんなところでああ、びっくり。

実は、このブログでは、ほかにももうひとりのJ・Jが、後ろで糸をひいている作家がいるような気がするのです。
それは、またいつか。
ジョイスのことはサッパリ忘れておりましたよ。
福海先生、梅本先生にくれぐれもよろしくお伝えください。
ちゃっぷん♪

2010年2月26日 (金)

駄洒落混入注意

~ご注意ください。当記事の後半には、くだらない駄洒落が入っています~

オリンピックで世界中の熱い視線がバンクーバーに集まる中、
日本ゆる協会のHPにおいて、先日の準指導員氏名一覧公開にひき続き、従来の正指導員氏名一覧にも、新たな項目(地区)がひっそりと加わりました。

日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員 氏名一覧
http://yuru.net/yuru_teacher.html

日本ゆる協会公認 ゆる体操準指導員 氏名一覧
http://yuru.net/jun-shidoin.html

―――――――――――――――キリトリ――――――――――――――――

あなたは、みたか
オリンピックを
そしてゆる体操正・準指導員氏名一覧を、みたか

きわめてローカルな、しかも、現時点では、ワタシにしか使えない……。
使うなら、今。そう思ったんです。

この駄洒落は地域限定ですが、指導員資格は正・準ともに全国で通用しますので、どうぞ、ごひいきに。こんなゆる体操指導員で、いーのかしら。

ここまでおつきあいくださって、ありがとうございます。
ちゃっぷん♪

2010年2月25日 (木)

雑誌『ランナーズ』 2010年 04月号

◆ランニング雑誌「月刊ランナーズ」2010年4月号です。

「月刊ランナーズ」2010年4月号

ランナーズ 2010年 04月号 [雑誌]
平成22年2月22日発売
アールビーズ刊


この特集記事の中で、「故障しない身体づくりにゆる体操が効く!」と題して4ページにわたって記事が掲載されています。
ゆる体操正指導員・ゆるウォーク指導員、小松美冬先生の体験談が、カラー2ページ、写真つき。

そして……

ロングトライアスロンで若者を制して大活躍、46歳のトライアスリート・藤原裕司さんの『強さの裏に「ゆる体操」あり』というコラムもあります。藤原さんは青山アスリートクラブ主催の『凡人アスリートのためのアンチエイジング達人講座』でもご活躍。

さらに!

『今日から「ゆる」めて一石三鳥!?』というタイトルで、ランナーにおすすめのゆる体操が10種類、紹介されています。
カラー2ページで、よくわかる体操写真つき。
よくわかる、その秘密は、モデルさん自身がゆる体操の指導員だから、です。

この雑誌のウエブサイトで、動画も見られます。
http://runnet.jp/book/runners/

ちゃっぷん♪

2010年2月24日 (水)

動作(生活・労働・武術・スポーツ)とゆる体操(ゆる体操のメカニズム第6教程)

今日は、はりきってお風呂の掃除をしました。
お風呂掃除は、冬場は寒くてつらいのですが、今日は暖かかったので、ちょっとやる気が出てきました。

そこで思い出したのが、これ。『ゆる体操のメカニズム第6教程[動作(生活・労働・武術・スポーツ)とゆる体操]』
年末に受講した講義の、ビデオ上映会が今週の土曜日(2月27日)にあります。

日常でもいろいろ使える内容なのですが、箪笥に肥やしというか、怠け者というか。

参考ページ
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-eff2.html
「動作はどうさ!」だなんて、今になってみると、ちょっと恥ずかしいタイトルをつけています。

ちゃっぷん♪

2010年2月23日 (火)

たまゆる、とは

ゆる体操の中級の「玉ゆる」で使用する玉。目につくところに置いてあるのですが、
ある日の朝、玉がへこんでおりました。

「ペコー」

何か落ち込むようなことでもあったんだろうか。まさか。
タマ~にしか使っていないのに(それも問題?)。

さっそく、空気入れを買ってきたんですけど、
いつのまにか、元のまあるい玉に戻っていました。

「ポコー」

どうも気温と関係があるらしいと、ようやく気がつきました。

「玉ゆる」とは、たまにゆる体操をすることとか、玉が勝手に「ペコポコ」と、ゆる体操をすることではなく、ゆる体操において、玉(ボール)を使って、身体をゆるめることをいいます。
それは、ゆる体操の中級で学ぶことができます。

中級の教室は、東京ゆる倶楽部にもあります。

ちゃっぷん♪

2010年2月22日 (月)

ゆる体操教室のご案内

カルチャースクールでのゆる体操初級教室、4月期(4~6月)の申込みが、始まっています。

【朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾 横浜教室】
日程:4月3日、5月1日、5月29日、6月5日(全4回)
時間:土曜10:30~11:45
詳細はこちらをご覧ください

【東急セミナーBE渋谷校】
日程:ほぼ毎金曜日(全12回)
時間:11:40~11:50
詳細はこちらをご覧ください。

【よみうりカルチャー 金町】(読売・日本文化センター 金町)
日程:ほぼ毎月曜日(全12回)
時間:月11:45~13:00
詳細はこちらをご覧ください。

【よみうり文化センター 春日部】
日程:ほぼ毎水曜日
時間:月10:30~11:45
*よみうり文化センター 春日部さんは、2011年3月末日をもって閉館が決まっています。
4月期以降は、来年の3月までですが、希望者が集まれば開講したいと思っています。
詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせやお申し込みは、各カルチャースクールまで、よろしくお願いします。

ちゃっぷん♪

2010年2月21日 (日)

池畔聴鶯聲

~朝のお池のほとり。ゆるウォークしながら、例の三人が~

ちゃかり夫人:まだ寒いですけれど、鳥たちの声を聞くと、もう春ですわね。

――ホケッ!

すかり夫人:あら、うぐいすの鳴き声ではありませんこと?

――キョキョ……

うかり夫人:あのうぐいす、初級かしら。

ちゃかり夫人:まあ、うかり様ったら。あれはウォーミングアップじゃございませんこと?

すかり夫人:ゆる体操をすれば、ウォーミングアップなんて不要ですのに。

――ホッホッ

三人:おほほほほほっ。これなら、わたくしたちにも、できますわね。おほほほほほっ。

――ホットケキョ!

ちゃっぷん♪

2010年2月20日 (土)

旧暦の七草に

旧正月に突如はじまった、人生設計シリーズも、そろそろおしまい。

おつき合くださった皆さま、ありがとうございます。
「またくだらんことを考えおって」と思われた方、ごめんなさい。

では、どうぞこちらをぜひご覧ください。
ゆる体操の生みの親、高岡先生の著書の<はしがき>が、八冊、掲載されています(七草だけど八冊分)。

わたしと「ゆる体操」の出会いは、本がもたらしてくれました。
高岡先生は、ゆる体操をはじめとして、運動科学に関する膨大な実践・研究の成果を惜しみなく、書物に著してくださっています。

そのおかげで、わたしは「ゆる体操」を知り、ゆるむということの楽しさを知りました。
今でこそ、「ゆる体操」を教えたりしていますが、それ以前にわたしは「ゆる」の恩恵を享受している人間のひとりでしかありません。

ブログを読んで、「この人は、こんな風に、ゆる体操が好きなのか」と思っていただけたら、嬉しいです。
そしてさらに、「そんなゆる体操っていったい何だ!?」と思っていただけたら……

本に関しては、一般向けにわかりやすく書かれたものもあれば、とても難しくて読み応えのある本もあります。
難しくてさっぱりわからない本も、その、はしがきや、まえがき、あとがきは、一読の価値があります。

「そんな楽しいことが書いてあるの。そんなおもしろい世界があるの」
という感じです。難しすぎて、未だに最後まで読めていない本もありますが、それでもいい、という気がしてきます。

もうひとつ。
究極の身体 (講談社+α文庫)』の「おわりに」
これも、わたしは大好きです。紹介のページには載っていません。ちゃっぷん♪

~人生設計シリーズ~

1「春節」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-3b1f.html

2「旧正月ですから」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-25fb.html

3「人生設計三が日」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-723d.html

4「設計図を眺めながら」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-390f.html

5「満員電車の行方」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-4aa9.html

6「のらりくらりと考える」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-a7e7.html

7「旧暦の七草に」(本稿)

2010年2月19日 (金)

のらりくらりと考える

わたしが80代のときにコーチをしてくれる、将来のボウリングの先生は、今、いくつだろうか。どこで、どんな生活をしているだろうか。すでにボウリングに目覚めているのだろうか。

数十年後、デートで公園に来て、彼女とボートに乗って、わたしに追い越されるであろうの男の子にいたっては、まだ生まれていない。
彼らの親となる人たちが、まだやっと学校に行くか行かないかの、年だと思います。

今その小さい子どもたちが大人になるまでに、
長い年月のほかに、愛情とか、教育とか、もちろん食べ物や、水や、そして空気など、
たくさんのものが必要です。
そして、大人になったその子たちが、新しい家庭を持って、また子どもを育てて、
その育った子どもが、のんびりと池で楽しく遊べるような、世の中が続くには……

いったいわたしの夢は、どうなんでしょう。
それが可能となる環境が続いてゆくには。

あらら、わたしさえ元気で長生きすればいいという話ではなくなってきましたか。

こうしてみると、今でも、あたりまえのようにある、いろんなものが、
実は、大変な確率でもって存在してるんだなぁと思いました。

より暮らしやすい世の中にするゾー、といっても、
私財を投じてとか(私財がないので無理です)、何かを犠牲にして、とかでなくても、誰にでも、簡単にできることがあります。
それは、自分がゆるむこと。

ちゃっぷん♪

~人生設計シリーズ~

1「春節」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-3b1f.html

2「旧正月ですから」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-25fb.html

3「人生設計三が日」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-723d.html

4「設計図を眺めながら」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-390f.html

5「満員電車の行方」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-4aa9.html

2010年2月18日 (木)

雪の行方

午前中、確定申告書作成にいそしんで、お昼に外に出たら、雪が……。

朝、けっこう積もってたんですよ。
それが、跡形もなく、忽然と、消えてしまいました。
舞台裏の人が片づけちゃったのかなと。

ちゃっぷん♪

満員電車の行方

旧正月に始まった人生設計シリーズ。続きます。

ここまで話をしてきて、ふと思いました。「わたしが80代となる数十年後に、都心に満員電車があるのか」

(今の状況から考えて、残っているとしたら、それは驚くべきことかもしれません)

みんなの努力によって、時差通勤をしたり、一極集中が緩和されたり、あるいは人口が減ることで、電車の中が空いたとしても、疲れていたり、不機嫌だったり、活気がなかったら、その電車は快適な空間になるかしら。通勤は楽しくなるかしら。
一方、満員電車を構成するひとりひとりが快適でご機嫌であるならば、朝のラッシュはつらいもの、いやなもの、社会的な負担である、というような発想は、なくなるのではないかしら。
「いやぁ、今日もお会いしましたね、しばらく互いに揺られますけど、降りるまで、どうぞよろしく」なんて、言葉には出さなくても、お互いのことを思いやれたら。

数十年後、朝の電車が人でいっぱいでも、そうでなくても、80代のおばあちゃんがホイホイ乗って教室を回れるような電車だったら。

――あれ? 話が違ってきた(笑)。
何のこと? と思われた方は、このシリーズを通してお読みください。

続きます。ちゃっぷん♪

~人生設計シリーズ~

1「春節」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-3b1f.html

2「旧正月ですから」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-25fb.html

3「人生設計三が日」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-723d.html

4「設計図を眺めながら」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-390f.html

雪の降る夜は

昨日はひっそりとした寒さで、しずかに気温が下がっていくなと思っていたら、今朝は雪。
さっそくお池のほとりに散歩に出ました。スターバックスのテラス席には、朝一番にお店の人が作った雪だるま。

雪が降った日は、夜中か早朝に誰かが作った雪だるまを、朝、公園で見かけることがあります。でもすぐに溶けてしまうので、何だかわからなくなってしまうから、見つけられたらラッキーです。東京の雪ってそんな感じです。

さて、福西先生のブログを見たら、確定申告の話題が。
http://www.yuru-study.com/wordpress/archives/1538

わたしも、あとは国税庁の確定申告書等作成コーナーで、申告書を作って送るだけ。
そんなこと言ってるとギリギリになって慌てるから、今日すませよう。福西先生、ありがとう!

雪の降る夜は楽しい……っていう歌がありましたね。ちゃっぷん♪

2010年2月17日 (水)

設計図を眺めながら

わたしが80代のとき、どんな社会になっているだろう。

ゆるむことがかなり浸透してきて、社会の平均的な身体的能力が、今の世界のスーパースター並になっているとしたら。
今のスーパースター並に自分の持てる能力を発揮する人がたくさんいて、ごく普通に会社を経営したり、満員電車に揺られて通勤したり、恋をしたり、家事をしたり、子供を育てたりしていたら。普通に部活動をしている生徒が、現在ならみんなオリンピックで入賞できるくらいのレベルとかで。

とても暮らしやすい社会になっていると思います。

そうしたら、仮にわたし自身が今より快適だとしても、そう簡単には若い男の子を抜き去ることはできないかも。
ちょっと年下のお年寄りだって、油断できないライバルになっているかもしれない。
超達人級のお医者さんに、やっぱり「もうお年ですから」って言われちゃうの(笑)。

でも、「ゆる体操」では、負けたくないなぁ。

でも、そういう意味で、今のわたしの夢が夢に終わるなら、嬉しい。
少しでもそんな社会に貢献できるように。ちゃっぷん♪

2010年2月16日 (火)

人生設計三が日

ボウリングを趣味で続けているとしたら、80代の頃には、かなりのキャリアになっているはず。
「あなたが生まれる前からやっているのよ~」といいながら、若いコーチに見てもらったりして。
つき合うコーチの方がへばらないように、もちろんゆる体操を教えてあげて。
天気の良い日には、カモを後ろにしたがえて、お池でスワンボートを漕いでね、ボートを漕いでいるデート中の若い男の子(彼がボート部だとなお良い)をスーッと追い越したり。

夢は尽きないんですけど。
この一生で、どこまでゆるみきれるか、わからないんですけど。
毎日、それを楽しみに、ゆる、します。
そうとう、気合い入れないとね。ちゃっぷん♪

2010年2月15日 (月)

旧正月ですから

人生設計の続き。

そう、80代でもきっと現役でゆる体操を教えていて、さすがにあっちこっち電車に乗って教えに行くことはもうなくて、その頃には生徒さんの方から集まってきてくれてね、「今日は何曜日だっけ、ええとどこへ行くんだっけ」と朝になってあわてることは、もうないの。ちょっとお寝坊しても「せんせーい、時間ですよ」と声をかけてもらえる。
いくら超高齢化社会といったって、その頃にはほとんどみんな自分より年下だろうから、たまにどこかに呼ばれて、自分よりちょっと年下のお年寄りを励ましたりするのもいいな。
当然のことながら、全国ゆる大会の最多出場者のひとりでね、順番に皆勤賞もらってね。ああ、そのころには何回目になっているかしら全国ゆる大会。

だんだん楽しくなってきた。続けちゃおうかな。ちゃっぷん♪

2010年2月14日 (日)

春節

旧正月です。
ということで、気持ちも新たに、人生設計(デザイン)。

何十年か先の80代のわたし。
今より、体力は確実に落ちている。目も耳も悪くなるだろうし、家系を見ていると、髪は真っ白で、体脂肪も順当に増える。
医学的に何らかの病気も抱えているかもしれないし、病院へ行っても「もうお年ですから」と言われることもあるでしょう。

それでいいのだ~。
それでも、今より確実に、快適な身体で、快適に生活していたい。いつも笑顔で、身体もほがらかに笑っているような、おばあちゃんでいたい(おじいちゃんはありえない)。

そのために、今日できることはたくさんあります。
考えたらワクワクしてきます。

そこで新春にふさわしい決めゼリフ。
「ソウヨソウヨ~ ソウヨソウヨ~」
(まだ習っていない人は、ご自分のセンセイにおねだりしてみましょう)

今日はこれから春節のお祝です。ちゃっぷん♪

2010年2月13日 (土)

本日のゆるログ

本日の、指導を含むゆる体操およびゆるトレーニング時間は440分でした。
歩いているときときとか、食事中とか、日常生活での「ながらゆる」は別です。

本日、東京は一日中、雪がちらついておりましたよ。ちゃっぷん♪

2010年2月12日 (金)

ゆる体操冬の陣

昨夜からの雨(みぞれ)、お昼まえに、あれ、少し雪かなという感じになりました。
それでもみなさん元気にお教室に来てくださいました。中にははりきって、いつもより早く来た人も。

さて、昨年の秋からゆる体操の教室に通い始めた友人の話。
「お教室は朝が早いし、ラッシュの電車は慣れていないし、寒いのは苦手。だからこの冬は挑戦なの」
あるお教室の日の朝。とても寒い日でした。もしかしたら休みかなと思っていたら、彼女、来ました。
「大変は大変だけど、年末年始はお休みだったし、もう待ち遠しかった!」

そんなこんなが、うれしい毎日です。ちゃっぷん♪

2010年2月11日 (木)

お知らせの上乗せ

左の「時々およみください」のところ。
・このブログについて

福海先生に乗せられて、wave
http://86777562.at.webry.info/201002/article_22.html
さらに内容を追加してみました(笑)。

皆さま今後とも、時々よろしくお願いします。ありがとう、“福海”センセイ。

ちゃっぷん♪

お知らせ

左の「時々およみください」のところ。
・プロフィール
・このブログについて

内容を一部更新してみました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ちゃっぷん♪

2010年2月10日 (水)

ボウリングの次は

昨日の東京は最高気温が20度というあたたかな陽気でした。
今日は寒いです。といっても10度以上はある。
急に気温が下がると、寒さ感が増します。明日もさらに寒そう……。
寒がり選手権があったら、関東代表くらいには、なれそうです。

さて、話は変わって。

先日、ボウリングをして、それがとても楽しかったという話をしました。
今度はボートに挑戦してみようと思っているのです。

ボートといえば、関西の小野先生。関西で、ボート部の高校生にゆるトレーニングを指導して、成果をあげられています。
わたしも、昨年の夏に、ゆるトレーナーの講習会で、小野先生にご指導いただきました。
そのときに、どれだけ高校生が本気になるとすごいかということを聞かされ、
「うわ、負けてはおれん。せめて、ゆる体操では負けられんなー」
と思ったのです。

それで、ボートに乗って高校生に対抗するつもりか……。
そうではなくて。
実は、ここのお池には、ボートがあるんです。

乗ろうと思っているのは、いわゆる手漕ぎローボートではなくて、
『スワンボート』
白鳥です。足で漕ぐタイプの。
お池のほとりに来て、まだ一度もボートに乗ったことがないんです。
もう少しあたたかくなったら、乗ってみます。
でも、ここのスワンボートには、カップルで乗ると別れるという妙なジンクスもあるようなので、あたたかくなるまでに、
よ~く足腰をゆるめて、人間関係力も高めておくことにします。

ちゃっぷん♪

2010年2月 9日 (火)

おめでとう。ありがとう。

「試験結果が届きました」
先日の、ゆる体操正指導員の試験、初級指導員の方は、どうやら結果が届き始めたようです。

昇級おめでとう。

「ご指導のおかげです」と、言ってくれましたが、このようなわたしからでも、ご自分で何かを学び取ってくれたことが、とてもうれしいです。
それが、今回の結果につながったのだとしたら、本当によかった。

どうもありがとう。

これからも、せめて変なお手本にならないよう、成長の妨げにならぬよう、ワタクシもさらに精進いたします、ハイ。
どうぞよろしくお願いします。

試験の結果のこと、すっかり忘れておりましたよ。
中級もきっとこれから。

ちゃっぷん♪

2010年2月 8日 (月)

大臣も、ゆる体操

こんばんは、お池のほとりより、お池のカモです。

総務大臣の原口一博さん、という方が、こんな発言をしたそうです。

http://twitter.com/kharaguchi/status/7334360799

「これで息が上がるなんて」って
どの体操カナ?。たしか104つくらいあるんだよね、ゆる体操。

オオサワ先生なら、どこでも出前に行くカモよ。

「継続は力なり」
ゆる体操なら、続くカモ。

以上、お池のほとりより、お池のカモでした。

ちゃっぷん♪

2010年2月 6日 (土)

いや本当に

今日は風が強くて寒かったです。
東京駅では、北陸地方へ向かう列車が大雪で運休、というアナウンスが流れていました。

さて、お池のほとりにも冷たい風が吹いていたようですが、
「カモが波チャップンをしていた」、という報告をいただきました。
カモたちが列をなして浮かんでいるところへ、風による波がきて、順々にチャップン、チャップン、カモが上がったり下がったり、ウェーブをなしている、というのです。
わたくしも、その動画を確認しました。はい、本当に。

いつか、ここにアップできるかなぁ。研究してみます。

この様子をしばし観察していて、わたしは、ゆる体操における「波チャップン体操」の真髄をカモから学んだような気がしました。
そうだ、いつか、論文にまとめて、学会で発表して……。そんな時代が来ることを夢みるのも楽しいものです。
そのまえに、もっとうまくなっておこう。

ちゃっぷん♪

2010年2月 5日 (金)

不束者(ふつつかもの)

ゆる体操がラジオに出る、ということを、義母に伝えるのを忘れていました。
でも、偶然、聞いていたのだそうです。
夜中、ふと目が覚めたとき、なかなか寝つけないときなど、静かな声で語りかけてくれる、NHKの『ラジオ深夜便』は、よく聞いているのだとか。

よかった~。
おかあさんありがとう。
まったく、不束者で。

足腰が痛い、というこの義母に、以前、二つだけ、ゆる体操を教えました。
「この二つだけでいいから、どこでも、思い出したときに、してくださいね」
その場で何度か練習をして、つぶやく擬態語も、確認しました。

「よかった、わたしにもできる仕事ができた」
と喜んでもらえました。

夫の報告によると、温泉へ向かうバスの中でもしていたとか。
わたしが「体操なさってます?」と聞くと

「サボるとまゆみさんに叱られるから!」
というお返事がかえってきました。

そしてすかさず、
「あの体操のときは、何と言いながらするんでしたっけ」
とチェックするわたし。

まことに不束なヨメでございます。ちゃっぷん♪

2010年2月 4日 (木)

必要にせまられて

ある日、ゆる体操中級の指導のため本郷に向かったときの話。

前日、いつもより寝るのが遅かったためか、ボーッとしていたんでしょうね。御茶ノ水駅で下車するところを、終点の東京駅まで行ってしまいました。

以前のわたしなら、
「あーあ、何やってんのよ、もう」
と思うところですが、このときは、

「あ、じゃあ、歩こう」
と思ったら、すでに改札を出ていました。

歩くことに決めたとしても、これがまた以前のわたしなら、

「迷ったらどうしよう、遅れたらどうしよう、地図もないし、これから、仕事なのだし……」

そういう心配事をすることで、あせって、何もしないうちから疲れていたところです。
心配したってはじまらない、あせっても、良いことは、ないのです。

だいたいの方角を見さだめ、少しばかりの軸の意識に支えられ、歩きだしました。
教室につくまで、ゆるゆる歩きの実践です。
ゆる体操の中級では、ゆるゆる歩きを指導するわけですから、絶好の機会です。
歩けば歩くほど、ゆるむように。すると気持ちにも余裕ができて、楽しくなってきて、迷うこともなく、お教室にも余裕で間に合いました。もちろん、指導もバッチリ(と思う)。

はっきり覚えていませんが、歩いたのは40~50分だったかな。
家に帰ってその話をしたら、驚かれました。
何という話でもありませんが、わたしにとっては、驚かれてしまうような、ことでした。
これも、ゆる体操の効果だと思います。

ちゃっぷん♪

2010年2月 3日 (水)

つながり

生徒さんだった方から、ラジオを聞きました、とお便りをいただきました。

『体がゆるんでいる事の重要性、それから体操のときに使う、擬態語の重要性を、あらためて感じました。
今でも、寝ゆる黄金の3点セットは一人で続けていますが、いつのまにか声を出すことを忘れてしまいます。』

おおむね、こんな内容でした。

きっと、わたしが口をすっぱくして、「モゾモゾ、つぶやきましょうね!」と言っていたのが、印象に残っているのでしょうね(笑)。

また、療養中でお教室をお休みされている生徒さんからも、

『「今日はゆる体操教室の日だ」、と思い出して、同じ時間にお家で体操をしてみました。ゆる体操をすると、楽になります。不思議ですね』

というお便りもいただきました。

こうした形で、つながりを持てる。ゆる体操の効果は、はかりしれません。本当にありがたいことです。

……ちゃっぷん♪

2010年2月 2日 (火)

<早朝のお池のほとりを散歩する三人>

ちゃかり夫人:たまには早起きして、散歩するのも、良いですわね。ところで今朝のラジオ、ちゃっかりお聞きになれまして? すかり様
すかり夫人:はい。ちゃかり様にアドバイスいただいたように、昨夜は気合いを入れて「寝ゆる」をいたしましたの。すっかり熟睡できまして、あの、ゆる体操の先生のお話を聞くことができて、うれしゅうございましたわ。うかり様は?
うかり夫人:え、あの、わたくしもぐっすり、いえあの、先生のお声はとても素敵でしたわね、ですから、つい、うっかりと……。おほほほ。それにしても、お池の雪景色を見るのも、久しぶりでございますこと。
ちゃかり夫人:おほほほ、うかり様ったら。でも、笑いは、たしか健康に良いのでしたわね。ダジャレも、ゆるむための、重要なアイテムでしてよ。
すかり夫人:まあ、おふたりともご覧になって! 池から湯気が立ちのぼって。まるで温泉みたい!
うかり夫人:ほほほ、蒸気ですわよ、すかり様。それにしても、スモークとかいう、まるで舞台演出のようでございますわねぇ。ほら、カモが登場してきましてよ。
カモ

池の水面に気持よーくカモが浮かんでおりました。ちゃっぷん♪

2010年2月 1日 (月)

みなさん、こんばんは。お池のカモです。
お池のほとりは、今夜、雪が降っています。

さあ、明日はラジオだよ。
知らない人、忘れた人は、29日のブログを見ると、いいカモ。
オオサワ先生、ラジオのタイマー、忘れないようにね。
大阪のさとみ先生も、言っているよ。
説明書、ちゃんと読みなさいって。
http://satozou.blog.so-net.ne.jp/archive/20100201

それではみなさん、今夜はあたたかくして、おやすみなさい。
ちゃっぷん♪

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »