フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 人生設計三が日 | トップページ | 雪の降る夜は »

2010年2月17日 (水)

設計図を眺めながら

わたしが80代のとき、どんな社会になっているだろう。

ゆるむことがかなり浸透してきて、社会の平均的な身体的能力が、今の世界のスーパースター並になっているとしたら。
今のスーパースター並に自分の持てる能力を発揮する人がたくさんいて、ごく普通に会社を経営したり、満員電車に揺られて通勤したり、恋をしたり、家事をしたり、子供を育てたりしていたら。普通に部活動をしている生徒が、現在ならみんなオリンピックで入賞できるくらいのレベルとかで。

とても暮らしやすい社会になっていると思います。

そうしたら、仮にわたし自身が今より快適だとしても、そう簡単には若い男の子を抜き去ることはできないかも。
ちょっと年下のお年寄りだって、油断できないライバルになっているかもしれない。
超達人級のお医者さんに、やっぱり「もうお年ですから」って言われちゃうの(笑)。

でも、「ゆる体操」では、負けたくないなぁ。

でも、そういう意味で、今のわたしの夢が夢に終わるなら、嬉しい。
少しでもそんな社会に貢献できるように。ちゃっぷん♪

« 人生設計三が日 | トップページ | 雪の降る夜は »

ゆる体操」カテゴリの記事

人生設計シリーズ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/47589507

この記事へのトラックバック一覧です: 設計図を眺めながら:

« 人生設計三が日 | トップページ | 雪の降る夜は »