フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« つながり | トップページ | 不束者(ふつつかもの) »

2010年2月 4日 (木)

必要にせまられて

ある日、ゆる体操中級の指導のため本郷に向かったときの話。

前日、いつもより寝るのが遅かったためか、ボーッとしていたんでしょうね。御茶ノ水駅で下車するところを、終点の東京駅まで行ってしまいました。

以前のわたしなら、
「あーあ、何やってんのよ、もう」
と思うところですが、このときは、

「あ、じゃあ、歩こう」
と思ったら、すでに改札を出ていました。

歩くことに決めたとしても、これがまた以前のわたしなら、

「迷ったらどうしよう、遅れたらどうしよう、地図もないし、これから、仕事なのだし……」

そういう心配事をすることで、あせって、何もしないうちから疲れていたところです。
心配したってはじまらない、あせっても、良いことは、ないのです。

だいたいの方角を見さだめ、少しばかりの軸の意識に支えられ、歩きだしました。
教室につくまで、ゆるゆる歩きの実践です。
ゆる体操の中級では、ゆるゆる歩きを指導するわけですから、絶好の機会です。
歩けば歩くほど、ゆるむように。すると気持ちにも余裕ができて、楽しくなってきて、迷うこともなく、お教室にも余裕で間に合いました。もちろん、指導もバッチリ(と思う)。

はっきり覚えていませんが、歩いたのは40~50分だったかな。
家に帰ってその話をしたら、驚かれました。
何という話でもありませんが、わたしにとっては、驚かれてしまうような、ことでした。
これも、ゆる体操の効果だと思います。

ちゃっぷん♪

« つながり | トップページ | 不束者(ふつつかもの) »

ゆる体操」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/47475618

この記事へのトラックバック一覧です: 必要にせまられて:

« つながり | トップページ | 不束者(ふつつかもの) »