フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 緩張る | トップページ | 新学期 »

2010年3月26日 (金)

知らなんだ

青山アスリートクラブを運営されている、ビジョンオフィス株式会社代表の上原さんが、先日、ゆる体操準指導員試験を受けられたんだそうです。
http://ameblo.jp/ueharakazunori/entry-10491761347.html

この方のように、自分の能力開発の手段ととらえて受験することも可能です。

スポーツ愛好家で、ご自身のパフォーマンスを向上させたい方こそ、意欲的に(つまり試験を受けるつもりで)ゆる体操に取り組まれてはどうでしょう。もちろん、ただ、ゆる体操を愛好されるだけも、効果はあると思いますが、加速度はちがうと思います。

わたしも、はじめは自分のゆる体操の上達をはかるのが目的で、人に教えることは考えていませんでした。
http://yuru.net/senpai.html

ゆる体操の指導員の試験は、試験という、緊張してあたりまえの場面で、ゆるむことを要求されるので、いやが上にも、ゆるむ能力がアップします。もちろん緊張はします。それを助けにして、ゆるむという感じ。試合や真剣勝負などで、自分の能力を出しきるいいトレーニングになります。
真剣に向き合うと、自分がどこまでできるようになったのか、まだまだできていないところなどもよくわかるようになります。そこも魅力。

なお、青山アスリートクラブさんでのゆる体操初級、大澤の担当教室では、スポーツ愛好家向けに、ゆるトレーニングの考え方に基づいて、ゆる体操を指導させていただいています。

2010年1月13日の記事
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-6891.html

2010年1月19日の記事「それも人生」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-f52b.html

2010年1月21日の記事「可能性がいっぱい!」
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-3e4b.html

ちゃっぷん♪

« 緩張る | トップページ | 新学期 »

ゆる上達技法」カテゴリの記事

ゆる体操」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

トレーニング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/47915004

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなんだ:

« 緩張る | トップページ | 新学期 »