フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 年末シリーズ | トップページ | 寝技を極める »

2010年12月13日 (月)

ゆる体操との奇縁

高岡先生の新著
『勝利をよぶ身体 誰も解き明かせなかった最強格闘家11人の「極意」』
講談社から出ています。
先日の月例講座で、高岡先生が実物の中身をパラパラっと見せてくださいました。
今日は雨なので(笑)、明日、『秘伝』と一緒に本屋さんで買ってこようと思います。
秘伝と連れだって買いに行く、という意味ではありません。

さて、この新著の一部、元となっている本が『超人のメカニズム』(ぴいぷる社)だそうで、

これには懐かしい思い出があります。

実は、まだ、ゆる体操を知るずっと前のこと。
昔は自分に合う靴がなかなか見つからず、苦労していました。
いい靴屋さんがあると聞いて、行ってみたんです。
お店の人が接客中、座って待っているあいだに、
店内に置いてある雑誌や本に何げなく目をやりました。

そこに、この『超人のメカニズム』がありました。
ここで表紙がお見せできないのが残念です。

本が好きで、本の体裁をしていれば、
自分のあまり関心のないジャンルでも、いちおうの興味を示す自分が、
「この本だけは、決して、読むことは、ないだろう」
「この表紙に写っている、この著者には、きっと一生縁がないだろう」
などと思っているのでした。
そんな自分に、とてもびっくりしました。

でも、自分の番まで少し時間があったので、
やっぱり、ちょっとだけ、ページをめくり、身体意識図は、見た記憶があります。
またびっくりして、すぐに本を閉じました。

これで、さきほどの、わたしの直観は、確固たるものとなりました。
それからいい靴を合わせてもらって、喜んで、本のことはすっかり忘れました。

にもかかわらず……

数年後、ゆる体操に出会って、教室に通うまでに先生の著書をひととおりそろえようと、
あの表紙の本が届いたときには、また、本当に驚きました。
あの表紙の人が、ゆる体操の先生だったなんて。

あのときの、確固たる決意は、今どこに。
すっかりときほぐれてしまいました。

ちゃっぷん♪

« 年末シリーズ | トップページ | 寝技を極める »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお、そんなエピソードがあったのですね。自分を変えてしまうほどに凄いものとの出会いとはそういうものなのかも知れませんね〜。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/50292367

この記事へのトラックバック一覧です: ゆる体操との奇縁:

« 年末シリーズ | トップページ | 寝技を極める »