フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« へっちゃらという自由 | トップページ | その時わたしは3 事実は幻想より楽しい »

2012年2月19日 (日)

映画『海神別荘』 泉鏡花と宮本武蔵をつなぐもの

映画『海神別荘』
泉鏡花 作
坂東玉三郎 演出・出演

2012年/日本映画/カラー/上映時間103分
(2009年(平成21年)7月 歌舞伎座にて上演)
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/18/

坂東玉三郎 泉鏡花抄 3作品の2作目です。
1作目『天守物語』の記事
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-e02f.html

1作目は役者さんの演技そのものに惹かれましたが、
『海神別荘』では、それ以上に、作品に魅了されました。

泉鏡花。
これまで、文学史上で名前と代表作品を暗記しただけの存在でした。
なかなか、おもしろそうな方です。
自分で戯曲を読んでも、
“見の目”で字を追うのが関の山。
たぶん跳ね返されてしまうと思うのですが、
こうして“鏡花パビリオン”を楽しめるのは、
玉三郎さんのおかげです。

さいきん、雑誌『秘伝』の特集や、
『剣聖の剣・宮本武蔵』で
“観の目”が気になりだしたワタクシですが、

映画本編の前に語ってくださる玉三郎さんも、
『海神別荘』で泉鏡花が語らせている公子も、

“観の目”的なもののおっしゃり方をする。

本日は、楽しみながらも、お勉強させていただきました。
また、映画の最中、ちょっとゆれまして、
最後まで無事に観ることができて、ほっとしました。

終わった後、本屋さんをウロウロして、
宮本武蔵の『五輪書』の英訳を見つけました。

現代語と英語の対訳もあったんですけど、
武蔵どのの原本(岩波文庫)はあるし、
武蔵と凡人のあいだを見事に繋いでくれる、
高岡先生のご著書もあるので、
英語のお勉強だと思って、
英語だけの本にしてみました。

夕食のカキフライ。
この冬の締めにふさわしい、お味でした。

ちゃっぷん♪

« へっちゃらという自由 | トップページ | その時わたしは3 事実は幻想より楽しい »

ゆる体操」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/54026438

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『海神別荘』 泉鏡花と宮本武蔵をつなぐもの:

« へっちゃらという自由 | トップページ | その時わたしは3 事実は幻想より楽しい »