フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« 六本木で二本 | トップページ | まだ間に合います 2014年の行動計画  »

2014年12月28日 (日)

美術館は生きている

観たいと思っていた映画を観ることができました。
まさか、年内に願いがかなってしまうとは。
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-1230.html

映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』
原題:The New Rijksmuseum / Het Nieuwe Rijksmuseum
2014年/オランダ/オランダ語・英語/カラー/97分
http://amsmuseum.jp/

オランダはアムステルダム国立美術館の
創立以来の大改修。
当初4年の計画が、もつれにもつれた10年間。
館長、学芸員、修復人、管理人、建築家、内装家、
政府、国民(特にご近所の人)、そして収蔵品までもが
“わたしの美術館”を主張して譲らない、
愛すべきアムステルダム国立美術館。

レンブラントの『夜警』を、収納庫の中で観る、
という贅沢な光景を観ることもできます。

このドキュメンタリーは再現ドラマなどではなく、
事が起きているところをそのまま撮っていったものなので、
当然、撮り直しは効かないし、
話がどう展開していくかは、登場人物も、映画を作っている人にも
誰にもわからない。
無事に美術館が再オープンできたのはもちろんですが、
この映画が日の目を見ることのできる結末で、よかったです。

今回もう一つスリリングだったこと。
この映画、上映会場が少ないのが難点だったのですが、
都内の映画館ではなく、
あえて見知らぬ街の小さな映画館まで足を伸ばしました。
それが、またとてもよかったんですcoldsweats01

美術館が、中身だけでなく、さまざまなもので成り立っているように
映画館も、不思議な生き物です。

“シネマ・ジャック&ベティ”
http://www.jackandbetty.net/

ちゃっぷん♪

« 六本木で二本 | トップページ | まだ間に合います 2014年の行動計画  »

ゆる体操」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/60868108

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館は生きている:

« 六本木で二本 | トップページ | まだ間に合います 2014年の行動計画  »