フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

« ゆる体操体験会のお知らせ | トップページ | »

2016年2月17日 (水)

課題図書の威力

ゆる体操指導員の課題図書が一部変更されました。

今回、新しく加わった本のひとつ、
『蔓延する心の問題は「ゆる体操」で解決できる! 』
2008年に出版された本です。
これを機会に、あらためて読みなおしてみました。

ひとことでいうと、
「体が心を支えている」
という考え方にもとづいて、話が展開されています。
(高岡先生の、自伝的なお話も満載で、
ゆる体操誕生前史ともいえますがcoldsweats01

それで思い出されるのが、先日読んだ本。
『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方』
アメリカの精神科の先生が書いたものですが、
これも、ざっくりいえば、
体から脳へアプローチ。
なるほど、そうか! と思いつつも、
ここで提唱されている、具体的な運動の内容については……でした。

日本語のタイトルは断定的ですが、原題はSPARK。
訳者あとがきによると
『「脳を発火(スパーク)させて生気(スパーク)を取り戻そう」という意味がこめられている』
とのこと。

だったら、ゆる体操ですよね。
ゆる体操愛好者としてはそう思うのです。

このアメリカの先生に、
蔓延する心の問題は「ゆる体操で解決できる! 」
この本の存在を教えてあげたい。

ちゃっぷん♪

« ゆる体操体験会のお知らせ | トップページ | »

ゆる体操」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550476/63226082

この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書の威力:

« ゆる体操体験会のお知らせ | トップページ | »