フォト

笹焼き団子(twitter)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

粒焼大福(twitter)

ゆるピアニストへの道

2014年5月17日 (土)

相性よし

対象年齢6歳以上アコーディオン。
おもちゃですが、かなり弾けます。

電源不要ですし、
持ち運びもできるし、
演奏しながら、
動けるし、喋れるし、
歌える……


ということはつまり、
かなりのゆる体操と、
“ながらゆる”ができそうですcoldsweats01

楽しい話は、また後日♪

ちゃっぷん♪

2014年5月 2日 (金)

体格と身体意識に関する閑話

今、使っているピアノは、
電子ピアノ(88鍵)で、
見た目の体格はアップライトよりはるかにコンパクト。
しかし、座ってみると、まるでグランドピアノを相手にしているような感じ。
長くは弾けません。

車の運転免許は持っていませんが、
乗用車のペーパードライバーが
初めて超大型トラックを運転するようなときは、
こんな感じではなかろうかと、
勝手な想像をいたします。

子供のころ、家で弾いていたピアノは、
もちろんアップライトでしたが、
その鍵盤がなぜかとても重くて、
先生のうちのグランドピアノの方が、
筋力的には楽に弾けたように思います(よくすべって叱られた)。
でもやはり、おそらくは集中力の問題で、
そんなに長くは弾けかったところは今と同じです。

ちゃっぷん♪

2014年2月21日 (金)

いやぁ~

ピアノとの再会をはじめて、
earの使い方が変わってきました。

これまでは音楽を聴いていても
本当にその音を聴いているというよりは、
自分が知っている曲だったら、
それを頭の中でなぞって
聴いたつもりになっていたわけです。
いわんや、人の話を聴くにいたってはcoldsweats01

本当にその音を聴くというのは、
知恵がついた大人にとっては
けっこうしんどい作業ではありますが、
おもしろい。
かつては、皆、そのように聴いて、
人によっては遊んでいたことが
あるはずなのです。

で、そのようにしてみると、
ゆる体操のリードメッセージも
とっても音楽的に聞こえてきます。
いや~ear、あれはまさに音楽なのカモcoldsweats01

ちゃっぷん♪

2014年1月28日 (火)

専門を持ってみる

27年ぶりのピアノのレッスン。
リハビリ状態ですcoldsweats01

しかし、ゆる体操の、手首プラプラ体操ひとつを取ってみても、
その取り組みが変わってきました。

方向性が定まったというのでしょうか。
そして、手首プラプラ体操そのものも、
もっともっと、深められるという、確信のようなものを
感じます。

坐骨モゾモゾ体操もしかり。
あげればきりがありません。

意外なところでは
達人調整や剣聖の剣など、
対人ものがcoldsweats01
思いのほか、役立っています。

つい、練習で力が入って
ガチガチになったときに、
家族に達人調整を施してゆるむ、
そういう役立て方もあります。

ちゃっぷん♪

2014年1月22日 (水)

やっと

なんとかスペースを確保してcoldsweats01
環境が整いました。
http://yuru-inokasira.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-a43b.html

“ゆるんで、気持ちよくセンターに身を任せる”

この、本質的なことについては、
昔より今の方が得意なはずですから、
これを頼りにレッスン開始です。

また、おもしろいが話できるとよいな。

ちゃっぷん♪

2014年1月17日 (金)

27年ぶり

ピアノ 思えば、本当に頑張っていました。
頑張ることを使命として
頑張っていました。
頑張ったという点においては、
それなりの目標に達したと思います。

ゆる体操に出会って、
身体が、若返ったというよりは、
まるで生まれかわったように
別物に感じられるようになり、

もういちど、
出会いからやりなおたいと思いました。
これからは、仲良くしたいと思います。


お池のほとりの、池のかいぼりは28年ぶりですが、
こちらは実に27年ぶり。
手も、聴覚も、その親分たる脳も、
だいぶ錆つきましたが、
それを解きほぐしてゆく過程も
味わい尽くして、楽しんでゆきたいと思いまゆる。

ちゃっぷん♪